繊維の総合リサイクル・カンパニーKimuraseni

Slideshow Image 1  Slideshow Image 6   Slideshow Image 3    Slideshow Image 6

Special Contents ニュース

■2022.1

***明けましておめでとうございます***
本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

 

集合写真

 


■2021.1

***明けましておめでとうございます***
本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

 

集合写真

 


■2020.3

***春の衣替えに伴う衣類処分の延期ご協力のお願い***
既にご承知の通り、新型コロナウィルス感染拡大の影響が世界規模で生じており、各国で当面の外出禁止、入出国制限、営業停止等の措置が講じられております。
古着・古布のリサイクルは、大半を東アジアおよび東南アジアの国々に依存しており、これらの国々においても現在流通が滞っている状況です。
また、反毛・ウエス等の国内消費も多くは自動車産業に依存しており、新型コロナウィルスの影響による世界経済の停滞により、これらの消費も滞ることが懸念されます。
 かかる情勢の中、我が国ではまもなく春の衣替えの季節を迎えます。
しかしながら、古着・古布リサイクルの出口が塞がっている現状において、例年通りの発生を致しますと、各地で古着・古布が行き場を失うなどの混乱が起こることが予想されます。
我々業界といたしましてもリサイクルが滞りなく進むよう、全力を尽くす所存ではございますが、
関係各位におかれましては、何卒趣旨をご理解いただき、各地域住民の皆さまに衣替えに伴う衣類処分をなるべくお控えいただきますよう、お呼びかけのご協力をお願い申し上げる次第です。
 この度の感染症につきましてはお見舞いと、拡大防止に努められている皆様には感謝申し上げますと共に、一日も早い正常化を祈念しつつ当業界も努力してまいります。

 


■2020.1

***明けましておめでとうございます***
本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

 

初詣

 


■2019.1

***お知らせ***
ウエス小売始めました。
詳しくは、お問い合わせください。

 

初詣

 


■2019.1

***明けましておめでとうございます***
本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

 

初詣

 


 

Special Contents 繊維リサイクルを知ろう

もう一度、リサイクルの上手な日本人へ

衣服は、私たちにとって古くは寒暖を調整したり、カラダを守る機能面が重視されていました。 そこにファッション(流行)という要素が加わったのが、現在の衣服です。以前は、着なくなったらお下がりとして兄弟や親戚の子が着るということがよくありましたが、高度成長やバブル経済を経て今では大量消費の対象となって・・・・・続きはこちら→

Special Contents ふとんのゴミ化を減らそう

ふとんのゴミ化を減らすには?

今このページを読んでいるみなさんも、寝る時には必ずふとんに入っていると思います。ところで、使われなくなったふとんがどのように処分されるかご存知ですか?答えは「粗大ゴミとして埋め立てられる」です。しかも、粗大ゴミとして出された様々なゴミの容積の内でふとんの占める割合はなんと・・・・・続きはこちら→